[SEOTOOLSニュース] SEOの最新ニュースをチェック http://www.seotools.jp/news/____SEO.html SEOに関する最新ニュースを配信。 ja かわいいキャラクターとデザインソフトの使い方などを学ぼう! 「エゾモが教える」シリーズ第7弾をリリース http://www.seotools.jp/news/id_0000244675.html SEOTOOLS 2021-09-27T12:00:00+09:00 SEOニュース 企業のYouTubeチャンネルを、活性化するサービス「Tube Riding®」 電通、グループ3社で提供開始 http://www.seotools.jp/news/id_prw_202109220455.html SEOTOOLS 2021-09-27T11:15:00+09:00 SEOニュース
2021 年 9 月 21 日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博、以下「電通」)のカスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センター※と、株式会社電通デジタル( 本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:川上 宗一、以下「電通デジタル」)、株式会社ピクト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:名執 健、以下「ピクト」)は、3社それぞれの強みを生かし、企業のYouTubeチャンネルの開発から動画制作、効果検証、運用までをワンストップで行い、良質な顧客接点の場を創出するサービス「Tube Riding®」を共同で開発、提供を開始しました。

 本サービスにより、企業のYouTubeチャンネルを活性化させ、企業と顧客のエンゲージメントを高めるAlways onのマーケティングを行うプラットフォームへと進化させていきます。

 
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220455-O4-8bGKL32a】
 
 5Gの普及が進み動画を活用したマーケティングが注目される中、企業のYouTubeチャンネルをいかに有効にマーケティングに活用できるかが重要な課題となっています。しかし、「新しい動画を公開してもYouTubeの大量の動画の中に埋もれてしまう」「再生回数や登録者が思うように伸びない」「動画を継続的に制作し続けることが難しい」など、Youtubeチャンネル運用の効果的なノウハウは確立されておらず、顧客接点の場として活用しきれていない企業が多いのが現状です。

 「Tube Riding®」は、データ分析によるニーズを捉えた電通の「データドリブンなクリエイティブ力」、YouTubeチャンネルのローンチから育成までのカスタマージャーニーを捉えた電通デジタルの「YouTubeチャンネルの運用知見」、ピクトの質の高い「動画制作・実施力」という3社の強みを掛け合わせ、効果的なYouTubeチャンネルの活用を実現します。

 
<Tube Riding®の概要>
下記(1)〜(3)のポジティブなサイクルにより、再生回数・チャンネル登録者数を増やし、企業やブランドのファンが増え、育っていく、Always onのマーケティング環境を構築します。

(1)YouTube上でニーズの高い動画を継続的につくる
世界有数の検索エンジンであるYouTubeにおいて、人気の検索キーワードを活用し、YouTube上でニーズの高い(=再生されやすい)動画を企画。さらに、幅広いネットワークを持った制作スキームにより、質の高い動画を継続的に制作・公開し続けることを可能にします。

(2)YouTubeのアルゴリズムにのせ、オーガニックな再生回数・登録者数を増やす
人気の検索キーワードをタイトルやタグに生かす、精度の高いサムネイルをつくるなど、チャンネルにアップするデータを最適化し、「検索されやすい・ホーム画面や関連動画にでてきやすい」アルゴリズムに対応したチャンネル運用を提供します。

(3)動画とチャンネルを定期的に分析し精度を高め、(1)(2)に生かす
公開した動画とチャンネルの状況を多角的に効果測定し、SEOやチャンネル運用を改善。同時に、得られたデータを新しい動画企画に生かし、さらにニーズの高い動画を公開し続けるチャンネルへと育成していきます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220455-O5-Y52f65bP】
<Tube Riding®による企業メリット>
1、オーガニックな再生回数を増やし、広告のみに頼らない動画マーケティングを実践
2、登録者(ファン)が増え、顧客との恒常的な接触機会が増える
3、顧客や一般生活者に向けてのエンゲージメントが上がる

 YouTubeチャンネルを、顧客エンゲージメントを高めるAlways onマーケティングの機軸へと進化させるために。3社は今後も、Youtubeチャンネルを活用したファン化を促すコミュニティマーケティングなど、電通グループ独自のさまざまなサービスを開発・提供してまいります。

※カスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センター
カスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センター(CXCC)は、2021年1月に発足した電通の社内新組織です。およそ100名のクリエイターが在籍。CXCCの独自のメソッドや、最新のCRソリューションを活用しながら、新規顧客獲得から、既存顧客のファン化まで、デュアルファネルでジャーニーを設計、CRのプランニングを行います。

<各社の一覧>(順不同)
・株式会社電通 https://www.dentsu.co.jp/
・株式会社電通デジタル https://www.dentsudigital.co.jp/
・株式会社ピクト http://www.pict-inc.co.jp/

以上

]]>
ホームページ制作会社「ホームページ制作大阪ドットコム」は、SEO対策無料チェックキャンペーンを開始しました。 http://www.seotools.jp/news/id_0000244661.html SEOTOOLS 2021-09-27T09:30:00+09:00 SEOニュース 【2021年秋期速報】動画関連が拡張システム上位に!ビルドサロンがオンラインサロン人気機能データの2021年1月分以降、7回の調査を総計した人気率を公表【株式会社ビルドサロン】 http://www.seotools.jp/news/id_0000244657.html SEOTOOLS 2021-09-27T09:00:00+09:00 SEOニュース イード Research Memo(2):Webメディア・コンテンツの運営事業とリサーチ・ECソリューション事業が両輪 http://www.seotools.jp/news/id_f_0009350020210924035.html SEOTOOLS 2021-09-24T16:02:00+09:00 SEOニュース ネットプリント利用は3割、年賀状はコロナ禍でのコミュニケーションに一役/「年賀状ネットプリント」ランキング 「しまうまプリント」、「カメラのキタムラ」、「おたより本舗」、「つむぐ年賀」が受賞 http://www.seotools.jp/news/id_000000128.000057067.html SEOTOOLS 2021-09-22T20:15:27+09:00 SEOニュース
園児とママの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)は、「シルミル研究所」としてリサーチ事業を展開しています。「シルミル研究所」では、女性を対象にした調査「ウーマンリサーチ」を実施し、女性が選ぶおすすめの商品やサービスをランキング形式で、Webコンテンツとして発信しています。今回は2021年8月〜9月に実施した「年賀状ネットプリントサービス」についての調査の結果を発表いたします。
【詳細はこちら】  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/876854/





[画像1: https://prtimes.jp/i/57067/128/resize/d57067-128-67a3d25f00affcebd686-0.png ]




今回のテーマは女性が選ぶ「年賀状ネットプリントサービス」のランキング

2021年8月〜9月に実施した調査において、「しまうまプリント」が利用率第1位、「カメラのキタムラ」が総合満足度第1位、「おたより本舗」が推奨度第1位、「つむぐ年賀」が期待度第1位となりました。
▼「しまうまプリント」  https://nenga.n-pri.jp/
▼「カメラのキタムラ」  https://nenga.kitamura.jp/
▼「おたより本舗」  https://happy-card.jp/ 
▼「つむぐ年賀」  https://tsumugu.saltworks.jp/


2022年の年賀状を「はがきで出す」予定は約7割。年賀状ネットプリントサービス利用は3割

ウーマンリサーチでは、全国のWeb会員を対象に「年賀状ネットプリントサービス」についての調査を実施。回答者695人中、2022年の年賀状を「はがきで出す」予定の人は66.6%と多数、「メールやSNSなどで年賀状を送ったり年賀の挨拶をする」予定の人は6.2%、「年賀状・年賀の挨拶を送付する予定はない(喪中を除く)」人は5.6%という結果になりました。出す枚数は「21~30枚」が19.8%で最多となりました。インターネット経由でデータを送信し、印刷したものが送られてくる「年賀状のネットプリントサービス」を「利用したことがある」人は全体の30.5%でした。今回は「年賀状ネットプリントサービス」について、利用時に重視していることなどを聞きました。


女性が選ぶ年賀状ネットプリント、受賞サービス利用者の声

利用率第1位(表1)を受賞した「しまうまプリント」利用者からは、「リーズナブルで好みのデザインのものが多い。プリントもきれいで早い」(40代・東京都)。総合満足度第1位(表2)を受賞した「カメラのキタムラ」利用者からは、「価格が安いし、早期で頼むと割引き率が高いのがうれしい。たくさんの絵柄から選択できるのも魅力」(40代・茨城県)。推奨度第1位(表3)を受賞した「おたより本舗」利用者からは、「サイトが使いやすく、割引サービスがあり、デザインも豊富」(50代・北海道)。期待度第1位(表4)を受賞した「つむぐ年賀」利用者からは「おしゃれなデザインがたくさんあるし、作った画像を保存して自分で印刷することもできる」(30代・神奈川県)と、ぞれぞれ支持する声が寄せられました。
※期待度=サービスの認知者数に対し、「次に利用したい」と回答した人の割合をウーマンリサーチが独自に算出。今後、利用者数が増加していくことが予想されるサービスとしてランキング
[画像2: https://prtimes.jp/i/57067/128/resize/d57067-128-166b6043a56ccf82aaa6-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/57067/128/resize/d57067-128-89a8e8fa3b8e979a5de6-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/57067/128/resize/d57067-128-a1d91c0ec50079940ef3-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/57067/128/resize/d57067-128-82e99825ecfe14b37c81-5.jpg ]




ネットプリントを利用した理由は「仕上がりがきれい」、利用時に重視したポイントは「価格が安い」

年賀状ネットプリントサービスを利用した理由は「自分で印刷するより仕上がりがきれいだと思うから」が70.3%と最も多く、次いで「印刷する手間を省きたいから」(58.5%)、「いいデザインのものがあるから」(35.4%)と続きました(複数回答)。
また、年賀状ネットプリントサービス利用の際に最も重視したことは「価格が安い」が30.2%と最も多く、次いで「年賀状以外にもそのサービスを利用している」となり、価格や使い慣れたサービスであることが重視されている傾向がみられました(グラフ1)。

[画像6: https://prtimes.jp/i/57067/128/resize/d57067-128-425d341ce166d2251c01-6.jpg ]




もらってうれしい年賀状は「自分向け直筆メッセージ」、コロナ禍のコミュニケーションにも

もらってうれしい年賀状について聞いたところ、「自分だけに向けたメッセージが直筆で書いてある」が77.7%と最多で、「その人自身の近況が分かるもの」(55.5%)、「その人の子どもの成長が分かるもの」(29.9%)、「本人の写真が入っているもの」(28.5%)と続きました。反対に、もらって残念だった年賀状は「直筆の部分がない」が50.4%と半数を占め、「宛名が間違っている」(40.3%)、「毎年同じメッセージ」(26.9%)となりました(いずれも複数回答)。
心に残る年賀状については、 「白紙で間違って送られてきた!と思ったら、炙り出しするものだった。手間はかかったがあぶり出してメッセージが読めることは印象に残った」(30代・神奈川県)、「小学4年生の時の担任の先生から、20歳になった年に当時の学級通信を再現したデザインの年賀状が送られてきた。当時にタイムスリップしたような気分が味わえた」(20代・北海道)「保育士をしていますが、卒園児で保育士免許を取得して4月から保育園で働くことが決まり、私のような先生になりたい、という年賀状をもらったときは涙がこぼれるほどうれしかった。保育士を続けていて良かったと思えた」(40代・東京都)などのエピソードが寄せられました。また、「コロナで今まで以上に周りの人に会えない…そんな中での今年の年賀状は出産の報告や子どもの成長報告などが、いつも以上にうれしかった」(30代・東京都)など、年賀状はコロナ禍での大事なコミュニケーションツールのひとつにもなっているようです。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/57067/table/128_1_4fe9aefab535944ef74f043bbea1d642.jpg ]


株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等女性やママ・パパ、保育士を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。今後もウーマンリサーチでは、さまざまなテーマで調査を実施、報告してまいります。第1位を受賞された企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴ・ナンバーワン表記は広告・店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・SEO対策等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

【ウーマンリサーチ 過去のランキング】
・定食チェーン  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/871182/
・スマートウォッチ  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/872003/
・企業のクチコミサイト  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/872600/
・電子ピアノ https://enfant.living.jp/mama/woman_research/873815/
・新ガスサービス  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/875412/

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社こどもりびんぐ 事業本部 メディアビジネス部 事業開発チーム
E-mail:woman.research@kodomoliving.co.jp ]]>
VYSYN Ventures Launches $30 Million Gaming Fund http://www.seotools.jp/news/id_jcn_69749.html SEOTOOLS 2021-09-21T23:00:00+09:00 SEOニュース

Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com ]]>
サイバーコム Research Memo(7):3ヶ年中期計画では収益性を維持しながら持続的成長を目指す http://www.seotools.jp/news/id_f_0009350020210921036.html SEOTOOLS 2021-09-21T15:17:00+09:00 SEOニュース 導入実績にCROOZ SHOPLIST株式会社のサイト内検索エンジン導入事例を追加しました http://www.seotools.jp/news/id_278771.html SEOTOOLS 2021-09-21T12:00:00+09:00 SEOニュース
EC商品検索・レビュー・OMOソリューションを開発販売するコマースとCXのリーディングカンパニーであるZETA株式会社(本社:東京都世田谷区、以下ZETA)は、EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」の導入実績として、「ZETA CX シリーズ」サイトにCROOZ SHOPLIST株式会社様の事例を新規追加いたしました。

<EC商品検索・サイト内検索エンジンの導入事例>
CROOZ SHOPLIST株式会社様


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDQwNSMyNzg3NzEjNjQ0MDVfTE1oVnpjUnJZcy5wbmc.png ]

CROOZ SHOPLIST株式会社様が運営する公式通販サイト「SHOPLIST.com by CROOZ」にEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」を導入した事例をご紹介するページを公開いたしました。

事例ページでは検索利用率を140%アップさせた「こだわり検索」の実装やスマートフォンアプリでの「ZETA SEARCH」活用についてサイトイメージとともに掲載しています。

「ZETA CX シリーズ」は現在、EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」、レビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」、OMO・DXソリューション「ZETA CLICK」、レコメンドエンジン「ZETA RECOMMEND」、広告最適化エンジン「ZETA AD」、予測・パーソナライズソリューション「ZETA DMP」という6つのラインナップがあり、これらソリューションは高度なデータ分析・マッチングの技術でユーザーにさらなる良質な購買体験を提供し、顧客満足度・コンバージョンを高める製品として多くの大手ECで採用されています。

ZETAでは、消費者に対して「商品の本質的価値」を可視化させ透明性の高いマーケティングを実践するソリューションの展開、最新技術の研究・迅速なサービス化に取り組んでおります。

今後も引き続き蓄積されたノウハウで成果の高いサービスを提供して参ります。


【?ZETA CX シリーズ製品ご案内】 ?
▼ EC商品検索・サイト内検索エンジン ZETA SEARCHについて ?
[?https://zetacx.com/zeta-search ] ?
ECサイトにおける検索で重要とされる「絞り込み」と「並び替え」の設定の自由度・柔軟性を追求したEC商品検索/サイト内検索エンジンで、大規模・高負荷に対応しており、ユーザの離脱率、放棄率を低下しコンバージョンを最大化します。
キーワード入力時のサポート機能であるサジェスト機能やもしかして検索、ドリルダウン式絞り込みや事前に該当件数を表示するファセットカウントなど多彩な検索機能を有しており、パッケージとしての安定性と迅速な導入に加えて、実装の柔軟性とカスタマイズ性の高いサイト内検索が実現可能となります。

▼ レビュー・口コミ・Q&Aエンジン ZETA VOICEについて ?
[?https://zetacx.com/zeta-voice ] ?
サイトそのものや提供する商品・サービスなどに対して、複数の評価軸を用いた多面な評価によるレビューコンテンツを、容易にサイトに実装できるエンジンです。
SEO対策にも有効とされる、点数による評価・フリーコメント・スタッフレスポンスなどの多彩な機能を有しているほか、投稿レビューデータの分析、A/Bテストでの活用、レビューの検索結果への反映などによって、サイトコンテンツの充実化が図れます。
購入検討中のユーザに対し、他の消費者のリアルな声を届けることは、ユーザ目線で透明性・信頼性の高いマーケティングの実現と、購買行動への強力なバックアップとなります。

▼ レコメンドエンジン ZETA RECOMMENDについて ?
[?https://zetacx.com/zeta-recommend ] ?
個々のユーザーにパーソナライズされたオススメを表示するレコメンドエンジンで、協調フィルタリング・ルールベースフィルタリングをはじめ、複数のマッチングロジックを組み合わせ様々なデータを活用したオススメが可能です。
機械学習機能によって、購買履歴・閲覧履歴・検索履歴などの行動履歴を元に個々のユーザの特徴を把握し、気候情報やトレンド情報などの外部データとの連携、デバイスやフェーズでの出し分けにも対応しており自由度の高いレコメンドを実現します。
最先端のレコメンド手法によりユーザに新たな「気づき」を喚起することで潜在的ニーズを掘り起こし、クロスセルの実現とサイト価値向上・収益力アップにつなげます。

▼ OMO・DXソリューション ZETA CLICKについて
[ https://zetacx.com/zeta-click ]
体験を提供する「店舗」と最適な情報を提供する「EC」をシームレスに繋いで顧客接点をデジタル化し、DX時代の新しいコマース体験を実現するソリューションです。
「店舗」と「EC」の双方の顧客データを一括管理することで、顧客行動・接客履歴・店舗情報といった自社データを連携・活用した戦略的なマーケティング施策を実施することが可能となります。
また「店舗」での接客をきっかけとしたオンラインショップや再来店での購入をスタッフ個人の実績として紐付けすることができるため、人事評価の明確化およびスタッフのモチベーションアップにも大きく貢献いたします。

????????????????????????????????????
※お問い合わせ・ご相談・御見積は?info@zetacx.com までお気軽にご連絡下さい
????????????????????????????????????

●トップ企業ECサイトに採用されているZETA CX シリーズの導入事例
URL:https://zetacx.com/case ? ?
?・株式会社ニトリ様運営の「ニトリネット」
 https://zetacx.com/case/nitori-net
・株式会社ベイクルーズ様運営の「ベイクルーズストア」
 https://zetacx.com/case/baycrews
・株式会社アルペン様運営の「アルペングループオンラインストア」
 https://zetacx.com/case/alpen-group-online-store
・ミドリ安全株式会社様運営の「ミドリ安全.com」
 https://zetacx.com/case/midori-anzen-online-store
・株式会社アーバンリサーチ様運営の「UR ONLINE STORE」
 https://zetacx.com/case/urban-research-online-store ?

今後も様々な業界にて大手企業様の導入が続々と続きます。

■ZETA CX シリーズ一覧
・EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」
・レビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」
・OMO・DXソリューション「ZETA CLICK」
・レコメンドエンジン「ZETA RECOMMEND」
・広告最適化エンジン「ZETA AD」
・パーソナライズソリューション「ZETA DMP」

?■関連プレスリリース
・青山商事株式会社運営の『洋服の青山オンラインストア』 『THE SUIT COMPANY UNIVERSAL LANGUAGE Onlineshop』 にて 「ZETA SEARCH」が導入されました
?https://zetacx.com/pressrelease/case/search-engine/aoyama-onlinestore-the-suit-company-universal-language-202109/2021/0915
・松井証券株式会社が運営する 動画でわかる投資情報メディア『マネーサテライト』にてレビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」が導入されました
https://zetacx.com/pressrelease/case/review-engine/matsui-sec-moneysatellite-voice-202108/2021/0830
・JR東日本グループが運営するECショッピングモール『JRE MALL』にてEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が導入されましたhttps://zetacx.com/pressrelease/case/search-engine/jr-jremall202108/2021/0826
・株式会社ネクステージが運営する中古車販売・買取サイト『ネクステージストア』にて EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」および レコメンドエンジン「ZETA RECOMMEND」が導入されました
https://zetacx.com/pressrelease/case/search-engine/nextage-nextagestore202107/2021/0804 ]]>
ミューゼオ、文化・アート・趣味の学習・体験プラットフォーム化を目的としてリニューアル http://www.seotools.jp/news/id_at_275936.html SEOTOOLS 2021-09-21T12:00:00+09:00 SEOニュース
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/275936/LL_img_275936_1.png
ミューゼオ 新トップイメージ

■学習・体験プラットフォーム化の背景
コロナ下でさまざまな分野でのデジタルシフトが進み、あらゆる活動においてデジタルが起点となりつつあります。今後文化やアート、趣味といった領域でも、これまで以上にデジタル化が一層促進していくことと予想されます。

また、いわゆるSTEAM教育や政府の提唱するSociety5.0のように、さらに社会が成熟化する中で感性や教養といったものの大切さが見直される機運が高まってきています。

ミューゼオでは、これまで、好奇心を表現すること、好奇心に出会うことの二つに焦点を当ててサービス開発を行ってきましたが、これらを統合して、今後さらに学習・体験プラットフォームという形を強化していくことが今回のリニューアルの狙いです。

<STEAM教育とは>
STEAMとは、従来から存在するSTEM教育(Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Mathematics(数学)の4つから成る)に新たにArt(芸術・リベラルアーツ)を加えて生まれた教育概念です。技術の革新が進みAIやロボット化が進んでいく中で必要性が叫ばれるようになってきています。

<Society5.0(ソサエティー5.0)とは>
内閣府が提唱している情報社会の先にある未来社会の姿として提唱された概念です。
内閣府のサイトでは、「Society5.0では、ビッグデータを踏まえたAIやロボットが今まで人間が行っていた作業や調整を代行・支援するため、日々の煩雑で不得手な作業などから解放され、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができるようになります。」と説明しています。


■リニューアルのポイント
当社では、人々のコレクションを通して好奇心や感性を表現する投稿・交流サービスを中心に専門書店のようなオンライン・ジャーナル、オンライン・ライブ、ハイエンド受注生産ECサービスなどを同一のユーザーデータベースを持ち相互に関連性の深いサービスをリリースしてきました。

今回のリニューアルでは、サービスの利用のための共通タイムラインや検索システムを統合・新規開発し、全サービスをシームレスに跨いだ体験が可能になります。また今後強化していくリコメンド機能などでも「学び」と「新しい体験への扉」としていけるような基盤としました。

これにより、さまざまな分野で知識を深める、体験に出会う、愛好者同士の共通体験の醸成といったポイントを強化して参ります。

なお、これに伴い、従来「ミューゼオ」というサービス名で提供していたコレクション投稿・交流サービスについては、「Muuseo Cloud Museum(クラウドミュージアム)」という名称に変更しております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/275936/LL_img_275936_2.png
ミューゼオ 検索画面イメージ

■今後の展開
今後、学びと体験に適合したコンテンツの提供ロジックのブラッシュアップや学びのモチベーション強化、進捗度の可視化をのための検定・テストの提供などを進めていく予定です。

また、これまで開発を進めてきた個人向けのサービスを生活者視点の好奇心のストーリーといもいうべき存在であると捉え、今後は、事業者のストーリー紹介を強化していくことで文化等の興味の深い生活者と引き合わせ、ナラティブマーケティングやファンマーケティング支援分野への取り組みを強化して参ります。


ミューゼオは、生活者・事業者・ソーシャルグッドを一つの輪として、デジタルを起点に繋ぎ、人々の感性や知識を磨き、より深みのある生活の起点となるべく、文化・アート・趣味の分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していくことを進めていきます。


■会社概要
会社名 :ミューゼオ株式会社( https://muuseo.com/company )
代表者 :代表取締役社長 成松 淳
所在地 :〒141-0021 東京都品川区上大崎4-5-18 2F
設立 :2013年4月
事業内容:文化・アート・趣味領域における学習・体験プラットフォーム
「ミューゼオ」の提供
文化・アート・趣味領域に特化したデジタルソリューション
「ミューゼオ DXソリューション」の提供


■ミューゼオとは
デジタルを起点にして、様々な文化・アート・趣味領域における学びと体験を提供するために、投稿・交流サービス、専門書店型オンラインジャーナル、オンラインアカデミー、ハイエンドD2Cサービスなど複数の機能を同一のユーザーデータベースから提供するプラットフォーム型のデジタルサービスです。


■ミューゼオ DXソリューションとは
文化・アート・趣味分野の事業者向けに、これまで個人向けに提供してきたサービスノウハウやユーザーベースなどを活かし、デジタルを起点としたファンとの出会いからその後の継続コミュニケーションまでを一貫して支援するデジタルソリューションです。ミューゼオの複数の機能を組み合わせて構築することで一から作りあげるより短期間かつリーズナブルに構築・運用できることが特徴です。
]]>
自社の力でWeb集客ができる、効果の出るホームページへ 最新のGoogleアップデートに対応したSEO対策サービスの提供開始 http://www.seotools.jp/news/id_at_275553.html SEOTOOLS 2021-09-21T10:00:00+09:00 SEOニュース
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/275553/LL_img_275553_1.jpg
福岡市を拠点とするホームページ制作会社

当社はWeb集客に特化したホームページ制作を得意としており、SEOからWeb広告まで制作後の運用・支援に力を入れています。
また、業種や分野も問わず対応可能で、特に地域名などを入れたローカル検索を得意としており、短期間で上位表示を実現した実績も豊富です。現在ではホームページ制作に関する無料診断・相談も受け付けています。


■当社の強み

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/275553/LL_img_275553_2.jpg
当社の強み

・幅広い戦略で見込みユーザーを取り込むWeb集客
・ユーザーに有益な情報発信するコンテンツ作成でSEO対策
・対応スピードが早く納期や連絡がスムーズ
・日本全国対応
・ローカル検索を得意としたSEO対策

この経験と実績を生かし今回は以下サービスを開始し、中小企業の売り上げUPの一助となることを考えております。


【最新のGoogleアップデートに対応したSEO対策】
現在Googleのアップデートは毎日行われており大きいアップデートは年に2回程度、(今年の6月と7月に実施)と言われています。そのGoogleアップデートにも影響されず、またポータルサイトにも影響されない、見込みあるユーザーを自社の力で集客できるSEO対策サービスを提供します。

Google広告やYahoo!広告はすぐに効果が出る施策ですが、費用をかけて継続的に行わないと結果を出し続けることができません。その点SEO対策は、対策を始めて半年から少し効果が見え、1,2年後には、ある程度の見込みユーザーを獲得することができます。


【内部と外部を組み合わせた最適なSEO対策を提供します。】
■外部SEOは被リンクの質や権威性を重視するようになっています。
世界のSEO調査会社の中でも信頼度が高く、多くの方に利用されているMOZ(モズ)が提唱しているDA(ドメインオーソリティ)MOZと同じく世界的に有名なSEOツール会社のAhrefs(ェイチレフス)のDR(ドメインレイティング)と、Majestic(マジェスティック)のTF(トラストフロー)の数字を最大限高めます。
※外部リンクの質、リンクの数、リンク元の信頼性やバリエーションなど、Googleがサイトの順位を決めるアルゴリズムを参考にしています。


■Googleが指標とするDA・DR・TFの数字を最適化。
数値は最低が0で、最高が100となっており、DAが高ければ必ずSEOで上位表示されるわけではありませんが、DAの高いサイトほど、上位表示している傾向にあります。通常、新規で作成したサイトのDAは0ですが、そこからDA30以上にするためには1〜2年では難しく、長い期間たくさんの記事を更新してもDA20程度のサイトがほとんどです。それらの数字を必要最低限の期間で数字を上げる施策を実施致します。

また、今回のサービスは地域名を入れたキーワードに最適で特にローカル的に展開している中小企業向けのサービスとなっています。いますぐ自社集客をしたい、広告費用を最大限抑えたい、ホームページを活用しい方向けのサービスとなります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/275553/LL_img_275553_3.jpg
ホームページの無料相談

現在無料のホームページ診断・相談を実施しております。
申し込み・詳細は以下サイトよりご連絡ください。
https://simple-alpha.com/

本サービスの概要ページはこちらになります。
https://simple-alpha.com/lp01/


【会社概要】
会社名: 株式会社Soelu
所在地: 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
MAIL : info@soelu.co.jp
URL : https://simple-alpha.com/
]]>